グリスリン

多嚢胞性卵巣(PCOS)の原因

 

「多嚢胞性卵巣(PCOS)」の原因には諸説ありますが、現時点においては、「インスリンの働きが不十分で血液中の血糖値が下がりにくい」という「インスリン抵抗性」が高いことが原因との説が有力となっています。

 

具体的に説明すると、通常よりも「インスリン抵抗性」が高い人の場合は、血糖値を下げるため、常に血中には常人よりも高濃度の「インスリン」が分泌されています。

 

そして、そのことが脳下垂体で認識されると、男性ホルモン「アンドロゲン」の生産が卵巣において促進されると共に、肝臓における、「アンドロゲン」と女性ホルモン「エストロゲン」の量のバランスを調整する「性ホルモン結合グロブリン」の生産が抑制されます。

 

多のう胞性卵巣対策にウィズダム社製 グリスリン

 

そのため、ますます「アンドロゲン」が過剰に生成されるようになり、それに伴い卵胞が成熟するのに重要な「エストロゲン」の活発な働きが阻害されることで、排卵が起こりにくくなってしまうのです。

 

 

「多嚢胞性卵巣(PCOS)」の原因は、一言で言うと、 「インスリン抵抗性」に伴い、男性ホルモン「アンドロゲン」が過剰分泌され、排卵を起こす女性ホルモン「エストロゲン」の働きが抑制されることで、排卵が阻害されてしまうことです。

 

そして、「グリスリン」には、十分に働かない「インスリン」の機能を向上させることで、先に述べたようにアンドロゲンが過剰に分泌されるのを防ぐため、エストロゲンを通常通り作用させ排卵を促すことで、多嚢胞性卵巣(PCOS)による月経不順や不妊を改善することができるのです。

 

そのため、排卵が正常通り行われないことで起こる、多嚢胞性卵巣(PCOS)の不妊や月経不順の症状を、改善させることに繋がるのです。

 

グリスリン