グリスリン

不妊治療とART

 

不妊治療というのはいくつか種類があります。それらの種類ごとに不妊に対する効果も異なりますので、事前にどのような不妊治療なのか、ということをしっかりと把握しておくようにしなければなりません。

 

例えば、人工授精を6回以上行っても効果が無いのであれば、体外受精や顕微授精といったその他の方法を選択するというのも良いですよ。体外受精や顕微授精などの高度な不妊治療はARTと呼ばれています。

 

ARTというのは、精子と卵子がなかなか受精することなく妊娠をすることができない。そのような場合により確実に精子と卵子を受精させるための方法になります。

 

この方法は女性の身体への負担も大きくなりますし、治療費は高額になってしまいます。体外受精は、ARTの代表的な治療法なのですが、女性の卵巣から精子を受精させます。

 

そしてその受精卵を培養し、子宮に戻すのです。受精、培養した胚だけを子宮に戻しますので、妊娠する確率は高いのです。

 

さらに妊娠する確率を高めるためには、複数の卵子を採卵しなければなりません。そのため、排卵誘発剤を使用して複数の卵子を育てなければなりません。このようなこともしっかりと病院で説明してもらうことができますので、分からないことは質問をしておくようにしましょうね。

グリスリン